第78話 meeT iT aT basemenT|運命?の再会!

Bleach9

78.ミート・イット・アットベースメント

一護はガンジュを待つといって
長老の家から出ようとしなかった。

石田が強引に連れ出そうとするも
逃げたと思われるだろ!と
頑なに出発を拒否します(笑)

そこで夜一が一護の顔を
爪で引っかき黙らせる(笑)


この旅にはルキアの命がかかってること。
よのや忘れたわけではあるまいな!

きつい一言を浴びせられ
ようやく一行は空鶴の家を目指す。


ずいぶん村はずれの閑散とした
土地にやってきた一行。

織姫は門をくぐらずに
瀞霊廷に入る唯一の手段を知ってる人なら
もっと街の真ん中でチヤホヤされてても
いい気がすると疑問を呈します。

夜一によると空鶴は人気の無い土地を好むそうです。
でも同じ家を建てるから一目でわかるという。

そうこう話していると空鶴の家が見えた・・・


家の両脇に拳を握った巨大な腕のオブジェが立ち、
その腕に志波空鶴と大きく書いた旗が付けられていた…(笑)


さらに家の大きさにしては不自然な
巨大な煙突があり蓋が閉められてるように見える。

これは・・・一目でわかるとかどうとかいう
以前の問題だーーー!!!


石田と一護は心の中でドン引きする(笑)


そして家に近づくと見張りらしき二人の男、
金彦(こがねひこ)と銀彦(しろがねひこ)が現れ
道を閉ざします。

でも夜一の存在に気づくと
あっさり入れてくれました。

階段を降りた先の部屋に空鶴がいた。

空鶴は実は女性でした!
(みんな男だと思ってたからびっくり)

右腕がひじあたりから切れており
その端に刀を括りつけいます。

そして顔はなんとなく有沢たつきに似ており
かなりの巨乳で露出度が高い格好をしています。

どうやら夜一とは古くからの知り合いのようで
事情を説明すると引き受けてくれることに。

ただ夜一以外は信用していないということで
見張りの意味で手下をつける条件付でした。

手下といっても空鶴の弟で
まだ使えたもんじゃない糞ガキだそうですが・・・


そして空鶴がふすまを開けると・・・

始めまして 志波岩鷲(しばがんじゅ)と申します。

以後お見知りおきを!


・・・・・・・


あああ~~~~~~~~~!!!


ブリーチ9巻・怒られる二人
TOPPAGE  TOP