第76話 Boarrider Comin'|シバタとの再会と今後

Bleach9

76.ボアライダー・カミン

一護は市丸ギンに迎撃され
白道門が閉ざされてしまった。

でも痛がってはいたものの
一護に怪我はありませんでした。

石田は斬月の強度に驚くのでした。


そしていままで姿を隠していた住民が
ゾロゾロと外に出てきました。

尸魂界では死神の導きなしに
不正に入ってきた魂魄は旅禍(りょか)と呼ばれ
あらゆる災厄の元凶といわれています。

姿を隠していたのは道理ということになります。

すると人ごみをかきわけ一人の少年が現れます。

彼はなんと以前インコに入っていた
シバタユウイチでした!



住民は一護達を歓迎しました。

兕丹坊は流魂街の出身で
みんなにとてもやさしかったそうです。

死神にはイバリ腐ったやつが多いが
兕丹坊のために市丸ギンに向かっていった、
だからあんたはイイ人だと、と。

住民は力を合わせて兕丹坊の腕をくっつけ、
織姫が治療に専念します。


チャドはシバタを肩車して
いろいろ話をきいていました。

するとほりうちひろなりという
坊主頭の少年がそろそろ帰るぞと
いってきます。

彼はシバタのお兄ちゃん的存在。

彼によると流魂街では知らない人同士が
家族に似た共同体を作って暮らしており、
死んだ場所も時間もバラバラの人間が
ごちゃまぜになって暮らしているそうです。

だから家族に再会できる人は稀。

あと死んだ順に整理券を配られて
東西南北の各地に振り分けられるという
なんとも事務的なシステムだそうで(笑)

ちなみにほりうちくんが死んだのは
昭和22年の山梨だそうだ。


・・・


ひたすら治療にはげむ織姫。
一護の変な妄想をしていると
一護に湯飲みを顔に当てられびっくりします。

それでとりあえず治療を休み、
長老の家で今後の作戦を立てることに。

白道門は警備が多くなったと予想され、
他の門にいくとしても歩いて10日もかかるという。

夜一はそもそも門から入ることを
得策と思っておらず、
門以外から入ることを提案します。


志波空鶴という者の所在をご存知か

夜一がそう尋ねると長老はなぜか驚いた。


あんたたち・・・
まさかあれで壁の中に入るつもりかね!?


あれとはなにか・・と思ったそのとき、
一人の男とイノシシが家に飛び込んできます!

頭をバンダナで覆い、
首にスカーフを巻いたサングラスの男・・・

どうやら名はガンジュというらしい。

どこかチャラい風貌の彼ですが
一護を見た途端態度が急変します。

なんでこんなトコに
クソ死神サマがいやがんだぁ!?


ブリーチ9巻・一護とガンジュの喧嘩
TOPPAGE  TOP