第72話 The Superchunk|白道門の番人・兕丹坊登場!

Bleach9

72.ザ・スーパーチャンク

一護の前に現れた巨人。

奴の名は兕丹坊(じだんぼう)

四大瀞霊門のうちの西門、
通称「白道門(はくとうもん)」の番人。

尸魂界全土から選び抜かれた豪傑の持ち主で
斧の一振りで30体の虚を撃ち殺したことがある
伝説的な強力の持ち主。


そして彼が門番についてから300年、
一度も門を破られたことがないという。


夜一は一護を呼び戻して
作戦を練ろうとしますが
織姫とチャドが走り出します!

ところが兕丹坊は一振りで
地面をめくれあがらせ
壁を作ってしまいます。

織姫、チャド、石田はあせりますが
一護はじっとしててくれねーか?
と言ってきます。


一護には自信がありました。

当初10日間フルに使って
死神の力を取り戻す予定でしたが
それは5日で片付きました。

残りの5日は何をしてたかというと・・・

昼も夜もぶっとおしで
浦原と戦っていたそうです。


何も教えてくれなかったそうですが
スタミナと度胸は嫌でもつきました!

話はすんだだか?

兕丹坊がそう一護に話しかけると

別に?待っててくれなんて
頼んだ覚えはねーけどなと返します。

するとじ丹坊は、

…やっぱすお前(め)も田舎もんだな

礼儀ってもんがなっちゃねえ

待っでもらっだら…

ありがとだべ!!!

一護に思いっきり斧を振り下ろす!


そのときチャドは悟った。

一護が浦原から教わったのは
スタミナでも度胸でもなければ、
もちろん戦闘の極意でもない!

他の死神にあって
一護に決定的に欠けていたもの

それは経験だ!

それさえ補えればあいつは
恐ろしく強くなる


こっちが構える前に斬りかかるのは
礼儀知らずって言わねえのか?

一護は兕丹坊の攻撃を受け止めていた!

ブリーチ9巻・一護の圧倒的な強さ炸裂!
TOPPAGE  TOP