第55話 SHUT|阿散井恋次を圧倒する一護だったが刀身が...

Bleach7

55.シャット

阿散井恋次の強さに圧倒された一護。

恋次はトドメをさそうと構えをとります。


ルキアは力の差を悟り、
残った力で逃げてほしいと願っていた。

一護はそんな理由で逃げないと思ったが、
恋次に飛びかかり、早く逃げろと一護に叫ぶ。

しかし、一護は刀を握り立ち上がります。

すると柄につけていた紐が吹き飛び、
ものすごい霊圧が放出された!

恋次は霊圧の上がり方に驚き、
とっさにガードに入りますが
一護の斬撃が恋次の左肩に当たる!

そして恋次の背後にまわった一護は
刀を下から上に振り上げて
恋次を吹き飛ばします。

恋次は額にも傷を負い流血する。


一護のスピードが劇的に上がり、
なぜか気分もよくなり傷の痛みも
感じなくなっていた。

テメーに負ける気も全然しねぇ!

一護がしゃべるだけで
思い霊圧が恋次にのしかかる。

終わりにしようぜ
俺が勝って終わりだ!

そう叫び恋次に切りかかろうとしたその時・・・!

刀身が折られ、ほとんどがなくなっていた。

刀身は朽木白夜の手にあった。


あんな間合いから何もできる筈がねぇ・・・!

一護に驚きと困惑に苛まれる。


そして白夜が自身の刀に手をかけた瞬間、

一護の胸から大量の血しぶきが飛んだ・・・!


ブリーチ7巻・朽木白夜の力
TOPPAGE  TOP