15巻「BEGINNING OF THE DEATH OF TOMORROW」

-17 逸れゆく星々の為の前奏曲|恋次・吉良・雛森の歩み

15巻「BEGINNING OF THE DEATH OF TOMORROW」

Bleach15

-17.逸れゆく星々の為の前奏曲

15巻の巻末には番外編が収録されてます。

それは阿散井恋次と雛森桃と吉良イヅルの物語。


死神の学校(真央霊術院)に入学する日、
雛森はまだ幼い日番谷冬獅郎に
じゃあ行ってくるねシロちゃんといって
明るく瀞霊廷に向かっていった。

吉良イヅルは出発前に
亡くなった両親の墓前に手を合わせます。

すると木の上から恋次とルキアが落ちてきます!
どうやらそこで寝ていたらしい(笑)


彼らが通うことになる真央霊術院
二千年の歴史を誇る伝統ある学院で
未来の護廷十三隊員や隠密機動員を育成する場所である。

恋次、吉良、雛森は1年1組で
最も成績がよかった特進学級に入る。

担任はスキンヘッドで大きなメガネをかけた
大宇奈原厳呉朗(おおうなばらげんごろう)という
個性的な名前の持ち主だった。


二ヵ月後、
ルキアがぼんやりしていたところを
恋次が蹴りをいれます。

恋次は吉良たち数人と一緒にいて、
これから現世で魂葬実習にいくと自慢します。

ルキアは悔しがりますが
恋次の背中をみてなんだか
悲しげな表情を浮かべます・・・。


実習の先導にあたったのは6回生の3人。

蟹沢という女性と
青鹿(あおが)という体格がいい男性、
そして現在9番隊副隊長の檜佐木修兵。

彼は数年ぶりに卒業前に
護廷十三隊への入隊が決まっていて
将来は席官確実といわれる超有望株だった。



実習では3人1組となるよう
あらかじめクジがひかれてました。

そこで恋次と吉良と雛森が一緒になります。

吉良は雛森が気になってる様子なので
うかれてヘマすんなよと恋次に突っ込まれます(笑)


実習は特に問題なく終了。
でも吉良はまだ落ち着かずにいた(笑)

そして檜佐木が帰る号令をかけたそのとき、
蟹沢が突然巨大な虚に殺された!!

そいつは通称ヒュージホロウと呼ばれる存在。

青鹿が立ち向かっていきますが
一瞬にしてやられてしまいます・・・

檜佐木は1回生達に逃げろと指示し
尸魂界へ救援を要請しますが
ヒュージホロウがもう一体現れ
顔に怪我を負ってしまう・・・!


雛森はその様子をみて戻りだしたので
恋次と吉良も戻らざるを得なくなります。

そして虚の攻撃を3人で受け止めます!

雛森はカウンターで
赤火砲(しゃっかほう)を放ちますが
全く効きませんでした・・・

さらに虚の数が増えていき
絶望的な状況にたたされる4人でしたが・・・

突然背後から長い刀が虚の頭を直撃する!!

五番隊藍染隊長と市丸副隊長が救援にかけつけてくれた!


事態はあっという間に収まった。

恋次は隊長副隊長なんかバケモンだといって
なれるわけないといいますが
吉良はなってみせると誓うのでした。


ブリーチ15巻・おまけ編収録

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

第130話 Suspicion2[of Tears]|雛森の敵

第129話 Suspicion[for Assassination]

第128話 The Great Joint Struggle Union

第127話 Beginning of the Death of Tomorrow

第126話 The Last of a Void War

第125話 Insanity & Genius|滅却師の高み

第124話 Crying Little Peaple|滅却師の極み

ブリーチ第15巻「BEGINNING OF THE DEATH OF TOMORROW」

TOPPAGE  TOP